もう当たらないなんて言わせない。東京マルイ M870ブリーチャーのホップ調整!

組み立てのポイント

基本的には分解の逆手順ですが、要点だけ載せておきます。

チャンバーを組み付ける→アウターバレル→マガジンチューブ

フォアエンドはここまで差し込んでください。

IMG_2333

レシーバーの組み立ては、まずトリガーピン前後を固定する大小2個のリングを本体の上に乗せ、リングか隠れるところまでレシーバーを被せます。
次にダミーボルトを被せ、レシーバーをゆっくりと閉めながら下側のスプリング、さらに閉めながら上側のスプリングをはめ込みます。

こうすればレシーバーを閉めている途中に部品が脱落することがありません。

IMG_2339 TM M870 breacher removing receiver

あとはトリガー→トリガーピン(ここでコッキングとトリガーが引けるか確認)→グリップ回り→マガジンチューブセットの順で組み立てます。

グリップ回りには小さいOリングやバルブがあるので、正しく取り付けできているか念入りに確認しましょう。

ガス漏れの原因になります。

また、マガジンチューブセットを取り付ける際は、インナーバレル固定用のパーツ(ホップバレルキャップ)の付け忘れに注意してください。

調整後の使い心地(6/9追記)

こういう感じです!満足できる弾道でした!

今回は以上です。